トップ > インテリアと収納術 > 汚れ落としでお掃除を楽しく!

汚れ落としでお掃除を楽しく!

汚れ落としでお掃除を楽しく!

お部屋の掃除はついつい、おっくうになりがちです。まして、一人暮らしですと周りの目を気にすることもなく、つい後回しなんてことになりかねません。

お掃除では、汚れの落とし方がわからない、という声をよく聞きます。

汚れがこびりつきやすいキッチンの換気扇やレンジフード・ガスレンジの油汚れ、浴室や洗面所のカビや湯あか、トイレの黒ずみ、エアコンのフィルターのほこりなどは、効率的な落とし方や掃除のコツが分からずに苦戦している方も多いでしょう。

ダスキンなどのハウスクリーニングの業者に、クリーニングを任せる主婦も少しずつ増えてきています。

最近は、アレルギーを引き起こすこともあるダニの死骸やフン、花粉などのハウスダストも問題になっています。掃除機をいきなりかけると、床にあるハウスダストが舞い上がり、結局掃除にならなかったなんていうことも。

この場合は、モップを使うのが正解。

掃除機はもちろん、クレンザーやカビ取り剤・お風呂用洗剤などの専用洗剤や、しつこい汚れを落として清潔さを保つための掃除用具は、しっかり揃えておきましょう。


汚れの落とし方のコツとは?

汚れ落とし、――特に、キッチンのレンジ周りや換気扇(レンジフード)、お風呂、エアコン、トイレなどのお掃除は、カビや湯あか、黒ずみ、油汚れ、ホコリなどを放置しておいた期間が長ければ長いほど、難しくなるものです。

また、目に見えない花粉やホコリ、ダニのフンや死骸などのハウスダストは、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすこともありますので、要注意です。

掃除機やぞうきんがけを日々行うだけでなく、カビ取り剤やお風呂用洗剤、トイレやキッチン用洗剤など、場所に応じた掃除用品を使い分けて、定期的に汚れ落としをすることがコツです。

ハウスクリーニングのプロの業者に大掃除を依頼する家庭もありますが、やや値段が張るので、できれば自分で済ませてしまいたいものです。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。
一人暮しの空間を彩るインテリアにはどんなものが良いのか?レイアウトは?といった観点を中心に、インテリアコーディネートや話題の風水まで取り上げています。
関連記事

インテリアコーディネーター資格試験と適性

インテリアコーディネーター資格試験と適性について考えてみました。 インテリア・コーディネーターとは、居住者にとって快適な住空間を作るためにさまざまな提案を行うアドバイザーのことです。 経済産業省が資格...

一人暮らしで利用したいレンタルトランクルームについて

一人暮らしをするのはいいのですが、一人暮らしならではの問題もあります。荷物が多くて困ったことありませんか?収納の問題は一人暮らしに特に多い問題です。一人暮らしをする部屋が、広い部屋であるとは限りません...

一人暮らしに役立つレンタル家具はいかが?

一人暮らしではなにかと無駄が出やすいので、経費節約の工夫が求められます。そこで、一人暮らしに役立つレンタル家具はいかがでしょうかという提案です。人暮らしをするならば、当然お部屋は借りますね。それから、...

汚れ落としでお掃除を楽しく!

汚れ落としでお掃除を楽しく! お部屋の掃除はついつい、おっくうになりがちです。まして、一人暮らしですと周りの目を気にすることもなく、つい後回しなんてことになりかねません。 お掃除では、汚れの落とし方が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索