トップ > インテリアと収納術 > インテリアコーディネーター資格試験と適性

インテリアコーディネーター資格試験と適性

インテリアコーディネーター資格試験と適性について考えてみました。

インテリア・コーディネーターとは、居住者にとって快適な住空間を作るためにさまざまな提案を行うアドバイザーのことです。

経済産業省が資格制度を認定しており、インテリア産業協会が年に1回、「インテリアコーディネーター資格試験」(民間資格)を実施しています。

インテリア・コーディネーターの仕事とは、顧客のニーズを聞き、住む人のライフスタイルやスペース、予算などを考え合わせてインテリア計画を立て、それを具体的に実現していくことです。

女性に人気のある職業で、資格を持っていると業界での評価も高くなります。

適性としては、人との直接的な関わりが多いため、専門知識だけではなく、コミュニケーション能力も求められます。

契約書や見積書の作成にも携わるため実務能力も不可欠とされ、また、インテリア業界は流行の波が激しいため、探求心や柔軟性なども必要となってきます。


インテリアコーディネーターを目指すなら・・

インテリアコーディネーターとは、居住者の希望を聞いて、ライフスタイルや予算に合わせた快適な住空間を提案するプロフェッショナルです。

コーディネートのセンスや、インテリアに関する専門的な知識が問われるだけではなく、見積書などを作成する実務能力なども身につけなければいけません。

「インテリアコーディネーター資格試験」は、年に1度、インテリア産業協会が主催しており、経済産業省が資格制度を認定しています。

合格率はおよそ20%で、女性が約8割を占めます。

就職先としては、リフォーム会社や住宅関連のメーカー、建築設計事務所などが多く、インテリアコーディネーターの資格を持っていると、業界・職場での評価や信頼度も高くなります。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。
一人暮しの空間を彩るインテリアにはどんなものが良いのか?レイアウトは?といった観点を中心に、インテリアコーディネートや話題の風水まで取り上げています。
関連記事

インテリアコーディネーター資格試験と適性

インテリアコーディネーター資格試験と適性について考えてみました。 インテリア・コーディネーターとは、居住者にとって快適な住空間を作るためにさまざまな提案を行うアドバイザーのことです。 経済産業省が資格...

一人暮らしで利用したいレンタルトランクルームについて

一人暮らしをするのはいいのですが、一人暮らしならではの問題もあります。荷物が多くて困ったことありませんか?収納の問題は一人暮らしに特に多い問題です。一人暮らしをする部屋が、広い部屋であるとは限りません...

一人暮らしに役立つレンタル家具はいかが?

一人暮らしではなにかと無駄が出やすいので、経費節約の工夫が求められます。そこで、一人暮らしに役立つレンタル家具はいかがでしょうかという提案です。人暮らしをするならば、当然お部屋は借りますね。それから、...

汚れ落としでお掃除を楽しく!

汚れ落としでお掃除を楽しく! お部屋の掃除はついつい、おっくうになりがちです。まして、一人暮らしですと周りの目を気にすることもなく、つい後回しなんてことになりかねません。 お掃除では、汚れの落とし方が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索