トップ > お部屋・トイレ掃除 > 一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイント1

一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイント1

一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイントその1です。

カビを防ぐためには「換気」が有効であると書きましが、梅雨時の換気は、晴れた日に行いましょう。換気のつもりで窓を開けても、梅雨や秋の長雨の時は逆効果です。気温も湿度も高い外の空気が室内に侵入してしまいますから気をつけましょう。

もし部屋の中でカビを見つけてしまった場合、そのカビを取り除きますが カビは表面をこすったり、ふくだけでは、再び発生してしまいます。カビは菌なので、そうじというより消毒をする必要があります。

少し細かい話をしますと、カビには胞子と菌糸とがあります。胞子は植物の種子のようなもので、生育の条件がそろうと発芽して菌糸を伸ばします。カビの根と思われているものは、実は根ではなく材質に入りこんだ菌糸なんです。カビは菌糸ではなく胞子に色がついていることがほとんどです。

しかし、浴室等でよく見られるクロカビは、菌糸にも特徴的な黒い色(メラニン)がついています。カビを殺しただけでは色素は残ったままですので、この色素が汚れとして残ってしまいます。ですから、カビ掃除では消毒をした上で、この色も取らなければ外観上はきれいになりません。色が取れないからといって、間違ってもカビの上から塗料を塗ってごまかさないで下さい。

キレイになったようで実は、塗料を栄養源にしてどんどん増えて、表面に出てきます。 消毒と漂白を兼ねた「次亜塩素酸ナトリウム」が主成分の防カビ剤でキレイになります。このとき酸性タイプの洗浄剤を同時に使うと、化学反応を起こして塩素ガスを発生し、とても危険です。

「まぜるな危険!」と表示された洗剤を手にしたら、使用上の注意をよく読むようにしましょう。また、部屋でカビを見つけた場合、旧タイプの掃除機で吸い取らないで下さい。 旧タイプの掃除機は、吸い取ったカビの胞子を排気口から出して部屋全体にまき散らすのです。掃除機でカビを吸い取るなら、カビや細菌の抑えるフィルター付など、排気がクリーンなタイプのもので行う事が賢明です。 

この記事のカテゴリーは「お部屋・トイレ掃除」です。
一人暮らしのお部屋の掃除やトイレ周りの清潔するためのヒントをまとめました。一人で暮らしているからこそ、お部屋はいつも清潔にしておきたいものです。
関連記事

電化製品の掃除とお手入れ

電化製品の掃除とお手入れについてです。  電化製品などのように、当たり前に毎日使うものは目立たないのですが、いつの間にか使っているうちに汚れますね。ほこりが付き易いので、まめに拭くことがいいのでしょう...

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。 カビ対策の基本は換気です。 ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。 そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめに...

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。 普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。 ・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石...

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。 一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。 今の生活に慣れた頃、春か...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索