トップ > お部屋・トイレ掃除 > 一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイントその2

一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイントその2

一人暮らしのお掃除のヒント〜カビ取りのポイントその2(続き)です。

今回は、カビ・ダニが発生しやすい場所別のお掃除方法をご紹介します。

・浴室
一番カビが発生しやすいところです。入浴後、熱いシャワーで石けんのカスやアカなどカビの餌を出来れば毎日洗い流すようにします。お湯の高温はカビ撃退に有効ですが、そのままだと水蒸気が壁や天井などに付いカビの原因になるので最後は冷水で流します。そうじの後は換気扇をまわして、湿気を充分に逃がして下さい。  

・台所
煮炊きしている時は必ず換気扇をまわします。とびちった食べ物の汁などは、カビの食料になるので、まめにふき取りましょう。

・押入れ
ふとんを詰め過ぎないことが大切です。汗を吸ったふとんは少し干してから押し入れに入れる方がいいのですが、干せなくても、時間をおいて乾燥させてからしまいましょう。 

・エアコン
エアコンはまめに掃除することをお勧めします。 フィルターはカビが繁殖しやすいのです。運転の前には窓をあけて送風運転をし、スイッチを切るにも送風運転に切り替えて、エアコン内部の水分を飛ばすようにすればカビは防げます。

・下駄箱
濡れた靴や湿った靴は、乾いてから下駄箱に片付けます。
下駄箱は掃除機で掃除をし、戸を開けて換気します。除湿剤を入れておくとベストです。

・窓周り
換気に気をつけ結露を作らない、できた結露はまめにふき取ることが大切です。結露が多い窓には、夜間、新聞紙を貼り付けておけば、水分を吸わせて新聞紙ごとふき取ることができます。  

・床
カーペットはダニが生息しやすいので掃除機でていねいに掃除します。6畳間なら3分以上かけることが目安だそうです。ただし、古いタイプの掃除機はせっかく吸ったダニやカビを機械の外に排出していることがあるので、掃除機は新しいタイプのものをお勧めします。  

・布団
ふとんのダニを退治するには、晴れた日にふとんを干して熱に弱いダニを殺し、さらに表面に出てきたダニやその死がいを掃除機で吸い取るのが効果です。ただ、冬はふとんを干しても中の温度が上がらず効果がありませんので冬はふとん乾燥機を使った方がいいです。

日頃のこまめな手入れが何よりですね、がんばりましょう!

この記事のカテゴリーは「お部屋・トイレ掃除」です。
一人暮らしのお部屋の掃除やトイレ周りの清潔するためのヒントをまとめました。一人で暮らしているからこそ、お部屋はいつも清潔にしておきたいものです。
関連記事

電化製品の掃除とお手入れ

電化製品の掃除とお手入れについてです。  電化製品などのように、当たり前に毎日使うものは目立たないのですが、いつの間にか使っているうちに汚れますね。ほこりが付き易いので、まめに拭くことがいいのでしょう...

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。 カビ対策の基本は換気です。 ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。 そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめに...

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。 普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。 ・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石...

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。 一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。 今の生活に慣れた頃、春か...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索