トップ > お部屋・トイレ掃除 > お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。

一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。

今の生活に慣れた頃、春から夏に移り変わる時に梅雨がやってきますね。これは、日本や中国など東アジアだけにみられる雨の季節なんですが、気温が上がり、ジメジメと湿気が多くなり、住まいの環境が悪くなる季節でもあります。

でも、こんな季節だからこそ快適に暮らしたいものです。そこで今回は、梅雨時の湿気対策をご紹介します。その前に、なぜ湿気対策が必要なのかをお話します。

高温多湿の梅雨から夏にかけてはカビやダニが発生しやすくなります。風通しのよかった木造の家にかわって、密閉性が高い住まいが増えたために、カビやダニにとって居心地がよくなっているのです。カビは温度が28度、湿度が70%前後になると繁殖が活発になります。

栄養源は、食べ物や人間のアカ、石けんカスといった有機性のものばかりではなく、たたみや布、電子部品や接着剤も実は大好物なのです。食中毒の原因になるだけでなく、抵抗力が弱い高齢者などの肺や肝臓を害したり、子どもたちのアレルギーの原因になるカビもいます。

また、カビが好む条件の場所にはダニもいます。人間に害をおよぼすのは、アレルギーの原因になるヒョウダニや、かゆみを起こすツメダニなどが代表的です。カーペットや畳、ふとんの中にいてじっとしていますが、大好物のフケやアカがあって、気温が25度前後、湿度が60〜80%になると繁殖する可能性が大きくなります。カビの原因に結露があります。

結露は、冬の外気と室内の温度差だけが原因ではありません。夏は雨が続いた後で晴天になると、湿気をふくんだ空気が部屋の中に流れ込んで、冷たい壁に結露を作ります。結露を放置すると必ずカビが発生します。

この記事のカテゴリーは「お部屋・トイレ掃除」です。
一人暮らしのお部屋の掃除やトイレ周りの清潔するためのヒントをまとめました。一人で暮らしているからこそ、お部屋はいつも清潔にしておきたいものです。
関連記事

電化製品の掃除とお手入れ

電化製品の掃除とお手入れについてです。  電化製品などのように、当たり前に毎日使うものは目立たないのですが、いつの間にか使っているうちに汚れますね。ほこりが付き易いので、まめに拭くことがいいのでしょう...

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。 カビ対策の基本は換気です。 ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。 そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめに...

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。 普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。 ・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石...

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。 一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。 今の生活に慣れた頃、春か...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索