トップ > お部屋・トイレ掃除 > お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。

普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。

・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石けんカスも豊富。
・エアコン:止めた時にできる水滴とホコリがカビの発生源。
・シンクとシンク下:ヌメヌメしていたらそれはカビ:シンク下が臭ったらそれもカビの可能性あり。
・冷蔵庫:パッキンの黒ずみはカビ。冷蔵庫内のいやな臭いもカビの可能性あり。
・窓の周り:結露ができやすい窓のまわりはカビが発生しやすい。
・和室:閉めきった和室はカビが生えやすい。
・押入れ:人間の汗を吸った水分たっぷりの布団がカビの原因。
・家具の裏側:空気の流れがないのでカビが生えやすい。
・水槽・観葉植物がある部屋:水蒸気が多いことが原因。
・下駄箱:ぬれた靴や湿った靴をしまうとカビが発生する。
・壁:ビニル製の壁紙は、そのプラスチックと塗料の成分がカビの餌になる。
・絵:日本画も油絵も水彩画もカビの隠れ家。絵具や紙、絹布がカビの栄養源。
・カメラレンズ:なんか曇っているなあ、と思ったらカビの可能性あり。
・フロッピーディスク:こんなものもカビの餌になりうるのです。

次に、あなたのお部屋のカビ・ダニチェックをやってみましょう。 
次の項目にいくつ当てはまるかお答え下さい。

(1)1日中、ずっと部屋を閉め切っておくことが多い
(2)洗濯物の室内(部屋)干しをよくする
(3)料理中に換気扇をまわさない事が多い
(4)もともと風通しが悪い部屋だ
(5)部屋には観葉植物がいっぱいある
(6)そうじが苦手または面倒くさい
(7)浴室は休日にまとめて掃除している、または掃除しない
(8)畳の上にじゅうたんを敷いている
(9)結露はそのまま放置することが多い
(10)エアコン・除湿機などは持っていない

当てはまる項目が5個未満の方は、カビ発生条件が少ないと言えます。ですが安心は禁物です。カビ・ダニの予防を心がけましょう。当てはまる項目が5個以上の方は、カビ発生の条件がばっちり揃っています。すでに発生している可能性があるのでお部屋をチェックしてください。

この記事のカテゴリーは「お部屋・トイレ掃除」です。
一人暮らしのお部屋の掃除やトイレ周りの清潔するためのヒントをまとめました。一人で暮らしているからこそ、お部屋はいつも清潔にしておきたいものです。
関連記事

電化製品の掃除とお手入れ

電化製品の掃除とお手入れについてです。  電化製品などのように、当たり前に毎日使うものは目立たないのですが、いつの間にか使っているうちに汚れますね。ほこりが付き易いので、まめに拭くことがいいのでしょう...

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。 カビ対策の基本は換気です。 ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。 そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめに...

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。 普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。 ・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石...

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。 一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。 今の生活に慣れた頃、春か...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索