トップ > お部屋・トイレ掃除 > お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。

カビ対策の基本は換気です。
ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。

そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめにふき取ることが必要です。 ほとんどのカビは、温度が10度以下になると動きが鈍くなります。(扉の開閉がはげしい夏場の冷蔵庫の中で繁殖することはあります)

また、多くのダニは温度が20度以下で活動がにぶり、35度以上になると生育できません。湿度が55%以下になると死亡率がぐんと高くなります。今回は、カビ・ダニを防ぐ住まい方のポイントをお話します。1年を通じて注意することは以下の通りです。

1)晴れた日は窓を開けて風を通し、換気する。
  押入のふすまも開けっぱなしにする。
2)換気扇をこまめにまわす。
  食卓で鍋料理をしたり、食器洗いの時も忘れずにまわす。
3)換気扇をまわすときは空気の取り入れ口を作るようにする。
  (どこか、一箇所窓を開ける)
4)外出の時も防犯上可能な限り、閉め切らず外の空気が流れるようにする
5)エアコンや除湿機を活用する
6)洗濯物を室内に干さず衣類乾燥機を使う

※ただし、電気式の場合は、乾燥の際に出る湿気の3割〜5割を室内に排出するので、 同時に換気扇をまわすと必要があります。

※どうしても室内干しになる場合は、脱水を強めにして最初の2〜3時間は外に干します。その後、エアコンの除湿機能や除湿機のそばで干し、洗濯物に扇風機や冷暖房の風を直角に当てると乾きが早いです。

7)家具と壁の間にすき間を作って空気の流れを作る
8)ガラス窓や壁にできた結露はこまめにふく
9)カーテンやドアはまめに開閉し、空気のよどみを作らない
10)暖房をしている時は寝る前に5分間窓を開放し、外気と室内の温度差をなくして結露を防ぐ 

これまで3回にわたって、お部屋の湿気の問題を取り上げてきました。
少しでも参考になれば幸いです。快適な一人暮らし生活を楽しんでください。

この記事のカテゴリーは「お部屋・トイレ掃除」です。
一人暮らしのお部屋の掃除やトイレ周りの清潔するためのヒントをまとめました。一人で暮らしているからこそ、お部屋はいつも清潔にしておきたいものです。
関連記事

電化製品の掃除とお手入れ

電化製品の掃除とお手入れについてです。  電化製品などのように、当たり前に毎日使うものは目立たないのですが、いつの間にか使っているうちに汚れますね。ほこりが付き易いので、まめに拭くことがいいのでしょう...

お部屋の湿気対策 その3.

お部屋の湿気対策 その3.で、今回が最後になります。 カビ対策の基本は換気です。 ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。 そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめに...

お部屋の湿気対策 その2.

お部屋の湿気対策 その2.です。 普段の生活の中で、カビやダニに気をつけるポイントをについてですが、まずは、カビが発生しやすい場所をチェクしておきましょう。 ・浴室:温度も湿度も高くて、栄養源になる石...

お部屋の湿気対策 その1.

お部屋の湿気対策 その1.です。 一人暮らしをするなら、快適な暮らしをしたいものですね。多くの方は、4月から新しい生活をこれからはじめられるか、既にはじめられたかと思います。 今の生活に慣れた頃、春か...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索