トップ > 物件・部屋探しと引越し > 地震対策と防災グッズは大丈夫ですか?

地震対策と防災グッズは大丈夫ですか?

地震対策と防災グッズは大丈夫ですか?

一人暮らしに迫る危険を回避するのは、「防犯」対策だけではありません。
いつ起こるか分からない地震や火災からの「防災」があります。

地震・災害などに対する住まいの対策や、防犯対策はしていますか?

特に、近々起こると言われている大地震対策はしておくことをおすすめします。

地震対策グッズ・防災用品の中でも、まず必須なのが家具の転倒・落下防止用品。L字金具や突っ張り棒、耐震粘着マットなど、さまざまなタイプがありますので、特に大型家具は、しっかりと固定しておきましょう。

また、窓ガラスにも、飛散防止フィルムを貼っておくと良いでしょう。

地震が起きてしまった時に役に立つのは非常持出袋(非常持ちだし袋)です。

防災リュックとして、日頃から、ヘルメットや防災ずきん、救急用品、非常食、飲料水、燃料、携帯ラジオ、懐中電灯等などをまとめて入れて準備しておくと、いざというときに便利です。

住宅自体の地震対策としては、「免震構造」を取り入れているマンションもあります。また、大地震が起こると言われている地域に住んでいる方は、地震保険などへの加入を検討してみてもよいかもしれません。

地震対策は、自分の生命を守るために大切なもの。「面倒くさい」などと思わずに、日頃からまめにやっておくのがポイントです。


地震対策と防災用品のチェックポイントとは?

地震などの災害は、いつ襲ってくるかわかりません。近年、世界では大地震がいくつも起こりましたが、日本でもいつ起こってもおかしくないと言われています。

住まいの地震対策や防犯対策は、日頃からしっかりやっておきましょう。

地震対策用品・防災グッズの中で、まず準備してただきたいのは、非常持ち出し袋。ここには、飲料水や非常食、懐中電灯、携帯ラジオ、救急用品、ブルーシート、着替え、燃料などを入れておきます。

地震の揺れによる大型家具の転倒を防止するためには、突っ張り棒や、落下・転倒防止金具、耐震マットなどが効果的です。これらも、日頃から設置しておくことをおすすめします。

また、近頃は、地震対策として、免震構造を取り入れている住宅が注目されています。災害や地震に強い住まい作りは、今後も専門家によって研究・提案されていくことでしょう。

大地震は明日くるかもしれません。備えあれば憂いなしということわざを肝に銘じて、地震対策・防災に取り組んでいっていただきたいと思います。

こうした点を箇条書きにして「チェックリスト」を作成しておくことをお勧めします。

いざというときは、行動に移せないものです。それに備えるのが防災グッズであり防災商品ですが、その前に、ご自身の必要最小限の情報を取りまとめたチェックリストが、いざというとき役に立つはずですよ。

この記事のカテゴリーは「物件・部屋探しと引越し」です。
一人暮らしをはじめるに当たってまず突き当たるのが、物件・部屋探しと引越しの問題です。トラブルはあっては困りますので、事前にどんなことを調べ、当日はどういう段取りでのぞむのかまとめてみました。
関連記事

一人暮らしの引越しのポイントとは?

一人暮らし,引越し,見積もり,赤帽,近距離,携帯電話,ありさんマーク

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報など  1.部屋探しから契約まで ・マンション、アパート、ハイツ、コーポなどの名称はなんでしょう? 主に鉄筋コンクリート造のものがマンシ...

一人暮らしをする学生さんのために(その2)

一人暮らし,学生,不動産下見,契約,引越し

一人暮らしをする学生さんのために(その1)

一人暮らし,学生,不動産,物件情報,学生会館,マンスリーマンション

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索