トップ > 物件・部屋探しと引越し > マンション物件探しのポイントは立地条件!

マンション物件探しのポイントは立地条件!

マンション物件探しのポイントは立地条件にあります。

マンションを借りるか、買うか。「借りるための家賃分程度でマンションが買えます!」などというチラシもよく見かけます。

物件探しのポイントの第1は、マンションを借りるか、買うかを徹底比較し、十分に検討することです。

買う場合は、簡単に引越しはできません。賃貸に比べて家賃分程度のローンを組めばムダなく資金が使えるように思えますが、契約・登記・ローンの利子・融資関連手数料・保険料・保証料・固定資産税など、多くの費用がかかります。

安易に家賃を払うより安いなどという理由で買わないように、検討が必要でしょう。

第2のポイントは、立地条件。買い物、通学、通勤といった日常生活で、車や電車での移動がしやすいかをよくイメージしてみましょう。

日当たり、騒音、周辺地域の雰囲気、小さな子供がいる家庭では、公園などの遊び場も物件探しのポイントです。実際のマンションに足を運んで、十分に検討しましょう。


物件探しのポイントの2番目は「間取り」にあります!

マンションの賃貸や購入を考える場合、まずは情報収集からはじめます。

情報収集の際の物件探しのポイントは、パソコンを使う人は情報サイトで、パソコンを使わない人は、情報誌で、がおススメです。

マンションの情報は、不動産屋のチラシ、電車の広告、電柱に貼り付けられたチラシや看板などさまざまで、どれが必要な情報なのか、分かりにくく感じる人が多いようです。

情報サイトや情報誌では、必要な条件での検索や、物件探しのポイントや契約時のノウハウなどさまざまな情報が関連して載っていることが多いので、必要な情報を効率よく調べることができます。

マンション物件を情報誌で探す場合のポイントは、間取りに注目しましょう。

部屋の広さは、バルコニーなどの共有部分を除いた面積を確認します。

部屋の間取りは、長細いものや、正方形に近いものなどいろいろありますが、奥行きに対しての幅を「間口」といい、間口が広いマンションは、ゆとりのある居住空間といわれています。

マンションの水周りの音が寝室などに響かない構造か、収納は十分にあるかなども、物件を探す上でのポイントとして見逃せないでしょう。

生涯の買い物です、慎重すぎることはありません。
今では、必要な情報はたやすく取り寄せ、比較検討ができます。

各項目ごとに入念なチェックを入れて、悔いの残らない選択をしましょう。

この記事のカテゴリーは「物件・部屋探しと引越し」です。
一人暮らしをはじめるに当たってまず突き当たるのが、物件・部屋探しと引越しの問題です。トラブルはあっては困りますので、事前にどんなことを調べ、当日はどういう段取りでのぞむのかまとめてみました。
関連記事

一人暮らしの引越しのポイントとは?

一人暮らし,引越し,見積もり,赤帽,近距離,携帯電話,ありさんマーク

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報など  1.部屋探しから契約まで ・マンション、アパート、ハイツ、コーポなどの名称はなんでしょう? 主に鉄筋コンクリート造のものがマンシ...

一人暮らしをする学生さんのために(その2)

一人暮らし,学生,不動産下見,契約,引越し

一人暮らしをする学生さんのために(その1)

一人暮らし,学生,不動産,物件情報,学生会館,マンスリーマンション

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索