トップ > 物件・部屋探しと引越し > 一人暮らし引っ越しにまつわるトラブルQ&A

一人暮らし引っ越しにまつわるトラブルQ&A

一人暮らし引っ越しにまつわる「トラブルQ&A」をまとめてみました。

初めて引越しをする方はご存じないかもしれませんが、引っ越しには、いろいろとトラブルつき物だったりします。

そこで、だれにでも起きそうなトラブルと、その対処法をQ&Aでまとめてみました。

万が一の際の参考にして頂ければ幸いです。

引越しについては、今競争が激しいですから、事前に必ず複数の引越し業者さんから見積もりを取るト、そこでだいたいの印象がつかめますよ。

では、「一人暮らし引っ越しにまつわるトラブルQ&A」です。

Q:引越の際に荷物が紛失してしまいました。何度も引越業者に連絡して
  対応を依頼しているのですが、調査して連絡しますと言ったきり音沙汰なしです。

A:引越業者が誠意をもって対応してくれれば問題はありませんが、そうでない場合は、泣き寝入りでず近くの消費生活センターに相談しましょう。そうすればそこからその引越業者に連絡をとってくれます。曖昧に済まそうとする引越業者には、毅然と対応しましょう。

Q:引越の10日前に依頼し、その3日後(1週間前)にキャンセルを申し出たら、見積総額の2割のキャンセル料を請求されました。支払わなければいけない?

A:キャンセル料は前日または当日のキャンセルに限って発生するものです。このケースは引越の7日前にキャンセルを申し出ているので、業者はキャンセル料を請求することはできません。ですから支払う必要はありません。きっぱり断りましょう。

Q:午前11時の約束だったのにトラックが到着したのは4時間遅れの午後3時。それから作業をはじめて全て終わったのが夜の9時でした。遅れた分、割引いてもらえないの?

A:時間どおりに来なかったために作業終了が遅れ、ホテルに宿泊せざるを得なくなった場合などは請求可能です。ただし、請求額には標準引越運送約款上の限度があります。

Q:引越業者に見積りをお願いしたら15万円だった。それで引越を依頼したが、引越がすんだ後で、最初の見積りは間違いで22万円だったので7万円を追加請求された。支払わなくてはならないのだろうか。

A:実際によくあるお話です。見積もりの際に直接、業者が荷物のボリュームを確認しておきながら、追加の料金を請求するのはおかしな話ですよね。基本的に訪問時に荷物をすべて見せての見積もりをしたのであれば追加請求に応じる必要はありません。
  
いかがでした?
事前に想定問答を仕入れておけば、見積もり相談のときにも役に立ちます。

一人暮らしですと、どうしても交渉とか、自分の意思を伝えにくい立場にみられてしまいがちですから、余計に注意いたしましょう。

この記事のカテゴリーは「物件・部屋探しと引越し」です。
一人暮らしをはじめるに当たってまず突き当たるのが、物件・部屋探しと引越しの問題です。トラブルはあっては困りますので、事前にどんなことを調べ、当日はどういう段取りでのぞむのかまとめてみました。
関連記事

一人暮らしの引越しのポイントとは?

一人暮らし,引越し,見積もり,赤帽,近距離,携帯電話,ありさんマーク

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい不動産関係の基礎情報など  1.部屋探しから契約まで ・マンション、アパート、ハイツ、コーポなどの名称はなんでしょう? 主に鉄筋コンクリート造のものがマンシ...

一人暮らしをする学生さんのために(その2)

一人暮らし,学生,不動産下見,契約,引越し

一人暮らしをする学生さんのために(その1)

一人暮らし,学生,不動産,物件情報,学生会館,マンスリーマンション

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索