トップ > 防犯対策と防災対策 > 一人暮らしの危険防止〜防犯の方法を知ろう

一人暮らしの危険防止〜防犯の方法を知ろう

一人暮らしの危険防止〜防犯の方法を知ろう

進学、就職などで始めて親元を離れての一人暮らし。気になるのは、やはり、防犯ではないでしょうか?

大都市では凶悪犯罪が絶えず起こっています。近隣との接触がほとんどない、またアパート・マンションでさらに個々が分断されています。自分のみを守るために、防犯対策は欠かせませんね。

防犯の方法を知っておくことは、犯罪から身を守るために必要なことです。

空き巣や強盗、放火、ひったくり等に加えて、近年では、ストーカーによる嫌がらせや性犯罪、盗撮も増えてきました。

防犯グッズや防犯用品も、さまざまなものが売られています。

防犯カメラ、赤外線監視カメラ、防犯センサーライトの設置は、多少高額ではありますが、侵入者を防ぐ方法として非常に効果的です。ダミーのカメラなら、かなり安く手に入ります。

手軽なところでは、防犯ブザーやベル、GPSつき携帯電話、ステッカー、窓に貼る防犯フィルム、催涙スプレーなど。子供を対象とした犯罪が増えているので、通学時の子供に防犯ブザーを持たせる親も少なくありません。

また、空き巣の常套手段であるピッキングやサムターン回し等による玄関からの侵入を防ぐための補助錠もありますので、導入を検討してみるとよいでしょう。それでも心配な方は、ホームセキュリティを警備会社のプロに依頼するという方法もあります。

備えあれば憂いなし。防犯の方法を知って、被害の防止に役立ててください。


防犯の方法とは?

防犯の方法には、地域としての対策や、個人としての対策など、さまざまなものがあります。

犯罪が増加している今、警察・交番や地域任せにせず、自主防衛も必要。

近年では、防犯グッズも多種販売されているので、ターゲットになりやすい玄関や窓、バルコニーなどの侵入防止グッズを導入してみるのも一つの方法です。

ピッキングやサムターン回しを防ぐための補助錠(補助鍵・ダブルロックやなど)は、有力な防犯方法の一つですから、どうしてもほしいところです。

さらに、予算が許せば、防犯カメラ、赤外線の監視カメラ、センサーライトなどの設置も効果的です。

また、子供を狙った事件も多発しているので、防犯ブザーやベル、GPSのついた携帯電話などを持たせるのも良いでしょう。

防犯の方法を知り、ホームセキュリティ対策を講じることによって、安全で快適な生活を守りたいものです。

一人暮らしゆえに、防犯意識はしっかりもって、防犯対策を怠らないようにいたしましょう。

この記事のカテゴリーは「防犯対策と防災対策」です。
一人暮しでの大きい問題点が「防犯」です。自分の身はまず自分で守る、これが鉄則ですが、防犯について理解し、防犯対策を立てることが重要でしょう。また、地震や葛西などの防災対策も必要になってきます。こうした情報をまとめてみました。
関連記事

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報 1.生活編 ・お金のやりくりの基本は、まず必要なお金を確保する事です。 家賃、光熱費、通信費などには絶対に手をつけずに、残ったお金で食費や雑...

シニア向け出会い系サイトが急成長!一人暮らしと高齢者の問題と新しい時代の動き

シニア向け出会い系サイト急成長!,一人暮らし,高齢者,問題

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らし,犯対策,訪問販売,撃退法

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らし,防犯対策,訪問販売,撃退法

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索