トップ > 防犯対策と防災対策 > 一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮し、それも女性の一人暮しの場合ですと、生活環境に慣れるまで、いろいろと落ちつかず、不安なのもです。

さて、一人暮らしをはじめたばかりの時期に、よく遭遇するのが、訪問販売です。

個人情報保護法が施行されたとはいえ、個人情報は流れているもので、引っ越したばかりのタイミングを見計らって、いろいろなセールスが訪れてきます。

こうした時は最初が肝心です。

訪問販売の商品に興味があるのなら別ですが、そうでないのなら、セールスと分かった時点で、即、「結構です。」といってドアを閉める。これが、もっとも効果があります。

相手に情報を一切与えないで、断る、これが大事です。

訪問販売の人は、もちろん商売でやっています。
商売でやっている以上、いかに効率よく売上げを上げていくか、というノウハウがあるわけです。

その中の一つに、「見込み客」という概念があります。
売れそうな見込みのある人に販売していくのが、商売の王道ですから、訪問販売をする上でも、お客の「見込み度」をそれぞれ段階で分別していきます。

断るにしても、理由をいってあげないと申し訳ないかしら、とつい二言三言、理由を言って断ると、どうなるでしょうか?

この場合、営業サイドからすると、ちょっとでも話ができたのなら、そこで断られたとしても、「見込み客」リストに追加です。

百戦錬磨の営業マンからすれば、そんな二言三言だけでも、この人はどういう性格なのか、つかめてしまうものですし、それにそって、また接触頻度を高めていけば成約できるな、と判断されるわけです。そして、何よりまずいのは、断る理由をいうと、かえって付け込まれる、ということです。

これを、専門用語で「応酬話法」といいまして、あらゆる断り文句には、それに対応する受け答えが準備されているものなのです。断る理由を提供してしまうことで、逃げ道が次々となくなっていってしまいます。

こうやって、営業側は、成約できる可能性を区分けして、可能性の高い順に、スケジュールを立てて、販売を仕掛けてくるのです。

ですので、いかに、営業マンに「私には売れる可能性がありませんよ」と思わせるかがポイントです。ちょっと非情かな、と思っていても、無表情に冷酷な印象を与えつつ、一言で断り、ドアを閉める。これをすることで、「見込み客リスト」から外れるように仕向けることができるでしょう。

あまりに、訪問販売の対応の仕方に困っているようでしたら、相手側の戦略をしることです。本屋等で、飛込み営業関係のノウハウ本をさらっと読むだけでも、十分です。いかに相手がこちらの心理につけこんでいくか、がよく理解できます。

この記事のカテゴリーは「防犯対策と防災対策」です。
一人暮しでの大きい問題点が「防犯」です。自分の身はまず自分で守る、これが鉄則ですが、防犯について理解し、防犯対策を立てることが重要でしょう。また、地震や葛西などの防災対策も必要になってきます。こうした情報をまとめてみました。
関連記事

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報 1.生活編 ・お金のやりくりの基本は、まず必要なお金を確保する事です。 家賃、光熱費、通信費などには絶対に手をつけずに、残ったお金で食費や雑...

シニア向け出会い系サイトが急成長!一人暮らしと高齢者の問題と新しい時代の動き

シニア向け出会い系サイト急成長!,一人暮らし,高齢者,問題

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らし,犯対策,訪問販売,撃退法

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らし,防犯対策,訪問販売,撃退法

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索