トップ > 防犯対策と防災対策 > 一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らしを始めて、いやでも経験するのが訪問販売です。

前回説明したように、すぐ断ればいいとは分かっているけれど、そうもいかないという場合もあったりします。

営業マンによっては、ドアをあけたとたん、足をいれて、閉めさせないようにするという場合もドラマのようですが、本当にあります。

前項で説明しましたとおり、こちら側の情報を与えないことが最上ですが、ドアを閉めさせず、強引に玄関に入られてしまった場合は、こちらも覚悟を決めてかかるより仕方ありません。

まずは、冷静に対処しましょう。あちらの無法ぶりに腹を立てるのは当たり前ですが、感情的になると、あちらも人間なので、よりヒートアップしておさまりがつかなくなります。

まずは、相手の身元をしることです。名刺を受け取り、会社名、名前を声を出して復唱します。名前と身元を強調されることで、相手の更なる無法ぶりを制御することにつながります。

後は、あちらに一切話しをさせないで、退出させましょう。1分長く滞在されればされるほど、こちらが不利になってきます。

なぜなら、あちらは仕事でやっている以上、時間当たりで仕事をしています。もし30分滞在したなら、30分滞在したなりの見返りを、情報なり、次のアポイントメントなりを、得るまではあきらめようとしないからです。

とにかく、あちらの話をさせず、「○○会社の○○さん、入用になりましたらこちらからお電話します。それでは」とこちらからドアを開けて、営業マンが退出するよう、誘導させることです。

こちらが女性の場合、強圧的にかかってくる時は、あちらと話す前に、見えるようにして、携帯電話を操作して、音声を録音もしくは、誰か他のところにつながっている、と思わせるようにすると効果的です。

ポイントは、終始徹底してクールに冷静に淡々と対処することと、相手と話すたびに、相手の名前を口に出していうことです。匿名性はある種の犯罪性を誘引するのにつながりやすいものなので、名前を出すことで、かなりの抑止効果があります。営業マンだって、大抵はサラリーマンです。雇われている立場上、身元がはっきりしている以上、そうそう無理なことはできません。

ただ、逆にこちらも強圧的に断ったりすると、根にもたれて、いたずら電話なりされることもあるので、あくまで、冷静に対処していきましょう。

この記事のカテゴリーは「防犯対策と防災対策」です。
一人暮しでの大きい問題点が「防犯」です。自分の身はまず自分で守る、これが鉄則ですが、防犯について理解し、防犯対策を立てることが重要でしょう。また、地震や葛西などの防災対策も必要になってきます。こうした情報をまとめてみました。
関連記事

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報 1.生活編 ・お金のやりくりの基本は、まず必要なお金を確保する事です。 家賃、光熱費、通信費などには絶対に手をつけずに、残ったお金で食費や雑...

シニア向け出会い系サイトが急成長!一人暮らしと高齢者の問題と新しい時代の動き

シニア向け出会い系サイト急成長!,一人暮らし,高齢者,問題

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らし,犯対策,訪問販売,撃退法

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らし,防犯対策,訪問販売,撃退法

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索