トップ > 防犯対策と防災対策 > 一人暮らしの女性・高齢者の防犯対策・防犯グッズ

一人暮らしの女性・高齢者の防犯対策・防犯グッズ

一人暮らしの女性・高齢者の防犯対策・防犯グッズについて

一人暮らしの女性や高齢者には、なにかと生活を送る上で気をつけておいたほうがいいことがいくつかあります。

一人暮らしの女性や高齢者が特に気をつけなければならないのは、入浴中や就寝中などの在宅時に侵入者に出会うことです。

不在時に盗難に遭うよりも何倍も危険です。そこで、在宅中の防犯のための最低限そろえておくべき3種の神器をご紹介します。

一般的なドロボーたちの侵入口のトップは玄関、窓、次にベランダです。そして侵入口の防犯設備によって、破壊行為に10分以上かかった場合は侵入をあきらめるという調査結果がでています。

1.ドアの防犯アラーム
マグネット式のドア用アラームは、対になった磁石式の装置をドアとドア枠に取り付け、磁石が離れると警報がなるしくみになっています。両面テープで貼れるのでドアを傷めることもありません。

2.窓の防犯対策
窓にはT型防犯鍵をつけておきましょう。窓を簡単に開けられないようにするストッパーで、シールとはがして貼るだけです。そのほかに窓用の防犯アラームも効果があります。窓からの焼き破りが心配な方は、防犯フィルムを貼っておけば大丈夫です。

3.催涙スプレー
催涙スプレーは、携帯しやすいだけでなく、きちんと握れて自然に相手に噴霧口が向く形状のグリップでなければなりません。相手が逃げても分かるように紫外線をあてると光が染料を含んだタイプが主流です。

これだけ全部揃えても1万円くらいです。

また防犯グッズを揃えたからと安心せずに、普段の行動パターンも防犯を意識しましょう。例えば、帰宅時にいつも同じルートを通ったり、同じ店に立ち寄ることを避ける。玄関前で鍵を探すのをやめる。

鍵をさがすわずかな瞬間も不審者にとってはチャンスです。また、窓の外やベランダに不燃ごみを並べて警報装置がわりにする工夫なども有効です。

この記事のカテゴリーは「防犯対策と防災対策」です。
一人暮しでの大きい問題点が「防犯」です。自分の身はまず自分で守る、これが鉄則ですが、防犯について理解し、防犯対策を立てることが重要でしょう。また、地震や葛西などの防災対策も必要になってきます。こうした情報をまとめてみました。
関連記事

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報

学生向けの一人暮らしを送る際に知っておきたい生活の基礎情報 1.生活編 ・お金のやりくりの基本は、まず必要なお金を確保する事です。 家賃、光熱費、通信費などには絶対に手をつけずに、残ったお金で食費や雑...

シニア向け出会い系サイトが急成長!一人暮らしと高齢者の問題と新しい時代の動き

シニア向け出会い系サイト急成長!,一人暮らし,高齢者,問題

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その2〜

一人暮らし,犯対策,訪問販売,撃退法

一人暮らしでの防犯対策〜訪問販売撃退法その1〜

一人暮らし,防犯対策,訪問販売,撃退法

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索