トップ > 一人暮しを楽しく演出 > 一人暮らしならではの一人旅を楽しむ

一人暮らしならではの一人旅を楽しむ

一人旅は気ままで楽しいものと周囲からは思われるでしょうし、実際そういう面もあります。時間と予算が許せば、好きなところへぱっと一人旅にでられるなんて、やはり一人暮らしの魅力に違いありません。ですが、注意しておくべきことも当然あります。一人旅を楽しむためのポイントをまとめてみました。

一人旅は自由気ままで楽しいですが、一番気をつけたいのはやはり病気です。一人で旅をすると介抱してくれる友人や家族もいません。では何に注意すればよいか?まず水です。特に海外ではミネラルウォーターは必需品です。シャワーの水さえ茶色に濁っていることがありますので、歯磨きやうがい用にも使えるので1本は常備しておいたほうがよいでしょう。また、氷にも注意が必要です。不衛生な水を凍らせている場合があるので、胃腸の弱い人は避けたほうがいいでしょう。氷の入っている飲み物を飲まないことです。次に魚です。川魚には寄生虫がいることがありますので、魚や貝類などに火がきちんと通っているのか確認して食べるようにしましょう。体調が悪いときや疲れているときに、辛すぎるものや脂っこいものを食べると、胃がもたれたり、腹痛に襲われることもあります。自分で調子が悪いと感じたたら、欧米であれば暖かいスープ、アジアであればお粥や麺類などで調子を整えましょう。外国で病気になると、自分の体に合った薬を手に入れることが難しいものです。日本からいつも使っている胃腸薬や風邪薬を持って行くことをおすすめします。

次に一人旅の場合の服装ですが、なるべくかさばらないものを選ぶことがコツです。パッキングのコツにもつながりますが、服を丸めてバックに詰める方法がベストですので、ニットのセーターなど厚地の服は避けるようにします。長袖の下着やナイロンのパーカーなど薄くて保温性の高いものを選ぶようにします。また、女性の場合スカーフを持っていくと襟元の防寒に役立ちますし、おしゃれにもなります。また、洗濯物になりやすい靴下や下着はナイロンなど合成繊維素材にすることで、すぐに乾きます。木綿は乾きにくいので避けたほうが無難です。また合成繊維のものはしわにもなりにくく、スカートやシャツなども合成繊維のものが便利です。旅行のときは普段の何倍も歩くので、靴は最も慎重に選ぶ必要があります。負担がかからず歩きやすい、クッションのよいものを用意しましょう。

一人暮らしのいとしい仲間、犬や猫などペットを飼っている場合も多いと思います。旅行に行きたいけどペットを飼っているので行けないと悩んでいる人も多いかと思いますが、こんな時は空港のペットホテルを利用してはいかがでしょうか。出発ギリギリまで一緒にいられますし、空港なので帰国したらすぐ迎えに行けます。空港ペットホテルを使うコツは、早めに予約を入れることです。また、ワクチンや予防接種を済ませておくことも必要です。年末年始やゴールデンウィークは満室が予想されますので、早めに押さえておいたほうがいいでしょう。成田国際空港、関西国際空港など海外への玄関口となる空港にはペットホテルがありますので、早めにチェックしておきましょう。

気をつけるべきポイントを押さえて、一人暮らしの特権でもあるきままな一人旅を大いに楽しみましょう。
一人旅は気ままで楽しいものと周囲からは思われるでしょうし、実際そういう面もあります。時間と予算が許せば、好きなところへぱっと一人旅にでられるなんて、やはり一人暮らしの魅力に違いありません。ですが、注意しておくべきことも当然あります。一人旅を楽しむためのポイントをまとめてみました。

一人旅は自由気ままで楽しいですが、一番気をつけたいのはやはり病気です。一人で旅をすると介抱してくれる友人や家族もいません。では何に注意すればよいか?まず水です。特に海外ではミネラルウォーターは必需品です。シャワーの水さえ茶色に濁っていることがありますので、歯磨きやうがい用にも使えるので1本は常備しておいたほうがよいでしょう。また、氷にも注意が必要です。不衛生な水を凍らせている場合があるので、胃腸の弱い人は避けたほうがいいでしょう。氷の入っている飲み物を飲まないことです。次に魚です。川魚には寄生虫がいることがありますので、魚や貝類などに火がきちんと通っているのか確認して食べるようにしましょう。体調が悪いときや疲れているときに、辛すぎるものや脂っこいものを食べると、胃がもたれたり、腹痛に襲われることもあります。自分で調子が悪いと感じたたら、欧米であれば暖かいスープ、アジアであればお粥や麺類などで調子を整えましょう。外国で病気になると、自分の体に合った薬を手に入れることが難しいものです。日本からいつも使っている胃腸薬や風邪薬を持って行くことをおすすめします。

次に一人旅の場合の服装ですが、なるべくかさばらないものを選ぶことがコツです。パッキングのコツにもつながりますが、服を丸めてバックに詰める方法がベストですので、ニットのセーターなど厚地の服は避けるようにします。長袖の下着やナイロンのパーカーなど薄くて保温性の高いものを選ぶようにします。また、女性の場合スカーフを持っていくと襟元の防寒に役立ちますし、おしゃれにもなります。また、洗濯物になりやすい靴下や下着はナイロンなど合成繊維素材にすることで、すぐに乾きます。木綿は乾きにくいので避けたほうが無難です。また合成繊維のものはしわにもなりにくく、スカートやシャツなども合成繊維のものが便利です。旅行のときは普段の何倍も歩くので、靴は最も慎重に選ぶ必要があります。負担がかからず歩きやすい、クッションのよいものを用意しましょう。

一人暮らしのいとしい仲間、犬や猫などペットを飼っている場合も多いと思います。旅行に行きたいけどペットを飼っているので行けないと悩んでいる人も多いかと思いますが、こんな時は空港のペットホテルを利用してはいかがでしょうか。出発ギリギリまで一緒にいられますし、空港なので帰国したらすぐ迎えに行けます。空港ペットホテルを使うコツは、早めに予約を入れることです。また、ワクチンや予防接種を済ませておくことも必要です。年末年始やゴールデンウィークは満室が予想されますので、早めに押さえておいたほうがいいでしょう。成田国際空港、関西国際空港など海外への玄関口となる空港にはペットホテルがありますので、早めにチェックしておきましょう。

気をつけるべきポイントを押さえて、一人暮らしの特権でもあるきままな一人旅を大いに楽しみましょう。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。
一人暮しのお部屋を明るく楽しく演出する、小物・脇役・雑貨などをご紹介します。犬や猫など小動物のペットがいると生活に潤いが与えられますね。
関連記事

一人暮らしを癒すレンタルペットとは?

一人暮らしをしていると、ペットでもいてくれたらと思うことがあるかもしれません。でも、ペットの値段って相当に高いですよね。ところで、レンタルペットってご存知でしょうか?関東を中心に、犬をレンタルペットと...

一人暮らしならではの一人旅を楽しむ

一人旅は気ままで楽しいものと周囲からは思われるでしょうし、実際そういう面もあります。時間と予算が許せば、好きなところへぱっと一人旅にでられるなんて、やはり一人暮らしの魅力に違いありません。ですが、注意...

風水と財布の関係

風水,財布

一人暮らしのペットの飼い方、付き合い方

一人暮らしのペットの飼い方、付き合い方について考えて見ました。 あなたにあったペットを調べる方法とは? 一人暮しの生活を元気付けてくれるペットですが、単にかわしいいからとか、好き嫌いだけで選ぶのも、後...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索