トップ > 一人暮らしとネット > インタネット回線はどうする?

インタネット回線はどうする?

これから、一人暮らしの生活環境で何かとお世話になるインターネット関連の話題を何回かに分けてお届けしたいと思います。

特に女性の場合は、機械とかツール、カタカナの連発は苦手なんていう人も多いかもしれませんが、そうならないように説明できたらと思います。

例えば賃貸生活での一人暮らしでインターネットをするのなら、ADSLが一番導入しやすく、またコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

まず、導入が楽です。このADSLは、従来の電話回線を利用することができるので、光接続やCATVのように「線」や「ケーブル」を部屋に引き込む工事がいりません。そして、大概、そのような「線」を部屋に引き込む工事は、家主さんに了解をとらなければいけませんから、手続きがとても面倒です。

ADSLでインターネットをする時も、電話回線をADSL対応にするための「工事」というものがあるにはあるのですが、業者を部屋に入れることなく、勝手にあちらでやってくれるので、手間もいりませんし、大家さんに許可を得る必要もありません。

次に、コストが安い、ということです。光ファイバー接続やCATVですと、前述のとおり、専用の線を引き込む工事で、まずお金がかかります。そして、月額料金も、ADSLより高いのが普通です。まあ、これは、しょうがないですね。機能的には、光接続の方が断然上をいっているわけですから。

ただ、光接続のパフォーマンスをフルに使いこなす、というのはけっこう大変です。インターネットをこれから始めようという人にはオーバースペックであったりするのですね。ごく普通のインターネット使用、メールや調べごとの検索、動画をみるくらいでしたら、ADSLの通信速度でも十分です。※ADSLとは、インターネットに接続するための手段の一つです。

正式名称は、Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入線)といいます。これはどういう意味かといいますと、上りと下りの通信速度が非対称である、ということなんです。上りと下り?ちょっと面食らってしまう表現ですが、インターネットの専門用語で、自分のパソコンからインターネットに情報を送信することを上り(アップロード)といい、インターネットから自分のパソコンに情報を受信することを下り(ダウンロード)というんです。

つまりADSLは、この上りと下りが非対称、同じではないということなんですね。具体的には、ADSLは下りの方が上りよりも通信速度が早いんです。インターネットのホームページを見ること、動画を見ること、音楽を聴くこと、こういったことは、下り(ダウンロード)ということですから、ADSLはこっちが得意だといえます。

この記事のカテゴリーは「一人暮らしとネット」です。
一人暮らしの生活環境において、インターネットは欠かせません。女性の場合ですと、ネット関係などツールや設定など不安かもしれません。そのあたりをフォローしてみたいと思います。
関連記事

一人暮らしに電話回線は必要?(ネット関連の3回目)

一人暮らしに電話回線は必要なのか、考えて見ましょう(ネット関連の3回目になります)。 たいていの人は携帯電話で連絡をとったりするでしょうし、固定電話なんか必要ないという人も多いでしょう。ですが、一人暮...

ADSL回線の選び方(前回に続きます)

前回に続いてADSL回線の選び方とポイントについてです。 今回は、一人暮らしをする上で失敗しないADSLの選び方を説明していきます。 ・引っ越すエリアがADSLのサービス提供区域であることサービスが提...

インタネット回線はどうする?

これから、一人暮らしの生活環境で何かとお世話になるインターネット関連の話題を何回かに分けてお届けしたいと思います。 特に女性の場合は、機械とかツール、カタカナの連発は苦手なんていう人も多いかもしれませ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索