トップ > 一人暮らしとネット > ADSL回線の選び方(前回に続きます)

ADSL回線の選び方(前回に続きます)

前回に続いてADSL回線の選び方とポイントについてです。

今回は、一人暮らしをする上で失敗しないADSLの選び方を説明していきます。

・引っ越すエリアがADSLのサービス提供区域であることサービスが提供されていなければ、どうしようもないですから、まず下調べしておきましょう。
ヤフーやNTTのHPでは、その地域の電話番号や郵便番号を入力することで、そのエリアがサービス提供内か確認することができます。

・自宅から電話局までの距離が2.5キロ以内であること
この条件は、ADSLをするなら住居選びにおいて、非常に重要です。

なぜかといいますと、ADSLは、高い周波数を使用することから、電話線の交換局との距離が遠くなるほどノイズがまじって、通信速度が落ちていくためです。その境い目が一般的に2.5キロといわれています。これをこえると、電話回線を通っていく、電気信号が急激に劣化します。

この劣化の度合いを専門用語で、「伝送損失(dB)」といいます。20db以内であれば問題ありません。ADSLも技術革新が激しく、どんどんと通信速度が上がっており、光ファイバー並になってきています。ただ、この技術の恩恵に預かるには、自宅から電話局までの距離が近くなければいけません。

ADSLで50Mといったハイエンドコースを申し込むのであれば、2.5キロ以内、理想をいえば1.5キロ以内を狙ってアパマン探しをしてください。その賃貸物件から電話局までの距離を出す方法ですが、地図で確認するのもいいですし、WEBサイトでも、

NTT東日本
電話回線の線路情報
http://www.ntt-east.co.jp/line-info/
NTT西日本
線路情報開示システム
http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html

のサイトで確認することができます。

ただ、調べるときに電話番号を入力する必要があります。引っ越す前なのですから、電話番号は当然ありません。ですので、そんな時は、物件の近辺の飲食店やコンビニ、ガソリンスタンドなどの電話番号を利用するといいでしょう。そして、もろもろの事情で、どうしても電話局の近くには見つけることができなかった、という場合でも、遠距離(4キロ以上)対応のADSLプランがありますので、それぞれのケースにあわせて選ぶことができます。ただ、通信速度は、少々落ちてしまうのは仕方ないです。電話局との距離はADSLの宿命ですので・・・。といってもそれでも、ダイヤルアップ、ISDNなどよりは、格段に早いですので、やはりおすすめです。

・ADSLが使えないケースを確認すること
・自宅から電話局までの電話線が、光ケーブルの場合(光収用)
物件が「インターネット対応」となっている場合は、光ファイバーがすでに引き込まれている場合があります。不動産屋さんに確認しましょう。
・ISDN・NTTの「遠隔検針システム」 ノーリンギングサービス・ダイヤルインの追加番号 ・オフトーク通信サービス ・信号監視サービス ・着信専用電話 ・東京ガスの遠隔監視システム「マイツーホー」・回線自動選択装置(ACR) ・ドアフォン

この記事のカテゴリーは「一人暮らしとネット」です。
一人暮らしの生活環境において、インターネットは欠かせません。女性の場合ですと、ネット関係などツールや設定など不安かもしれません。そのあたりをフォローしてみたいと思います。
関連記事

一人暮らしに電話回線は必要?(ネット関連の3回目)

一人暮らしに電話回線は必要なのか、考えて見ましょう(ネット関連の3回目になります)。 たいていの人は携帯電話で連絡をとったりするでしょうし、固定電話なんか必要ないという人も多いでしょう。ですが、一人暮...

ADSL回線の選び方(前回に続きます)

前回に続いてADSL回線の選び方とポイントについてです。 今回は、一人暮らしをする上で失敗しないADSLの選び方を説明していきます。 ・引っ越すエリアがADSLのサービス提供区域であることサービスが提...

インタネット回線はどうする?

これから、一人暮らしの生活環境で何かとお世話になるインターネット関連の話題を何回かに分けてお届けしたいと思います。 特に女性の場合は、機械とかツール、カタカナの連発は苦手なんていう人も多いかもしれませ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2008年02月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「一人暮しを楽しく演出」です。2007年09月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インテリアと収納術」です。2007年09月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索